栄研テクノ Eiken-Techno

耐オゾン性・オゾン劣化試験は栄研テクノ

技術の進歩によって様々な分野でオゾンの利用が進み、オゾン環境下で使用される部材にはこれまで以上の耐オゾン性が要求されるようになりました。 弊社では、オゾンによる酸化・劣化の耐オゾン性促進試験、高濃度のオゾン水浸漬試験オゾンガス暴露試験など、各種オゾン試験を受託しています。 また、これまで困難とされていたオゾン水輸送の問題点を解決し、高濃度オゾン水の宅配を可能にしました。 弊社の技術とサービスが、オゾンの用途開発に貢献できれば幸いです。 弊社は先陣を切って高濃度オゾンの受託試験に着手し、長年多くの企業から信頼を得ています。

◆正しいオゾン利用法

オゾンの性質を理解して正しく使いましょう。

オゾンで目的を達成するために必要な、濃度と発生量と質(純度)を確認しましょう。

魚の水槽を例にしていますが、考えて頂きたいことは、これが飲料水・風呂・プールであった場合、どのようにオゾンを利用すべきかということです。

■空気を原料にした放電式のオゾナイザーで発生したオゾンガスを直接水槽に入れると!

  • 空気中の80%近くを占める窒素(N2)の酸化物(NOx)が発生します。
  • 一定濃度以上のオゾンは、魚(生物)にとって有害です。
  • 水槽内のpHが低下します。

■正しいオゾンの使い方

  • 窒素(N2)の酸化物(NOx)を含まないオゾンガス発生装置を使用する。
  1. 水槽内の水を、循環ポンプで吸い上げる。
  2. 吸い上げた水に、オゾンガスを効率良く混合する。
  3. オゾンガスを完全に分解して、オゾンを含まない水にする。
  4. 水を水槽内に戻す。
オゾン有:金魚オゾン有:海藻オゾン有:金魚 オゾンなし:金魚オゾンなし:海藻オゾンなし:金魚
オゾン(O3酸化物(NOx)
水(H2O)・酸素(O2
水(H2O)・酸素(O2

注1)弊社では水槽用オゾンシステムの販売はしていません。

注2)観賞魚用目的で販売されている、低濃度オゾン発生器を批判するものではありません。

栄研テクノ株式会社

  • 〒424-0948
  • 静岡県静岡市清水区
  • 梅田町12-2
  • 平 日 9:00-17:00
  • 休業日 土日祝日
  • お問合せはE-mailにて
  • eiken※tokai.or.jp(※→@)