栄研テクノ Eiken-Techno

耐オゾン性・オゾン劣化試験は栄研テクノ

技術の進歩によって様々な分野でオゾンの利用が進み、オゾン環境下で使用される部材にはこれまで以上の耐オゾン性が要求されるようになりました。 弊社では、オゾンによる酸化・劣化の耐オゾン性促進試験、高濃度のオゾン水浸漬試験オゾンガス暴露試験など、各種オゾン試験を受託しています。 また、これまで困難とされていたオゾン水輸送の問題点を解決し、高濃度オゾン水の宅配を可能にしました。 弊社の技術とサービスが、オゾンの用途開発に貢献できれば幸いです。 弊社は先陣を切って高濃度オゾンの受託試験に着手し、長年多くの企業から信頼を得ています。

■超高濃度オゾンガス暴露試験の受託

オゾン作用の研究やオゾン耐性試験のために、高価なオゾン設備を導入する必要はありません。

オゾン設備を導入する前に、目的を達成するために必要な「濃度・接触時間・量・質」を確認することが可能です。

短期・中期・長期の多種・多用な試験研究に、弊社の技術と設備をお役立てください。

試験用のオゾンガスは、窒素酸化物などの不純物を含まないピュアなオゾンガスです。

試験手順などのご提案もしますので、お気軽にご相談ください。

試験で期待する効果が得られた場合、生産ラインに最適な設備をご提案します。

暴露試験終了時には、試験実施証明書を発行します。

チタン板の参酸化皮膜形成

■耐オゾン性試験(加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-耐オゾン性)

  • JISD0205(WAO),JIS K6259-1,-2(旧JIS K 6301),ISO1431,ASTM

合成ゴム耐オゾン性能a

合成ゴム耐オゾン性能b

■低濃度オゾンガス暴露試験

  • 0.5〜2.0ppm(50~200pphm・500〜2,000ppb)のオゾン劣化試験が可能です。
  • UVランプ方式により、不純物を含まないピュアなオゾンガスを使用しています。

■中濃度オゾンガス暴露試験

  • 300~3,000ppmのオゾンガス暴露試験が可能です。
  • 放電方式の原料として、乾燥した高濃度の酸素を使用しています。

■高濃度オゾンガス暴露試験

  • 100,000ppm(10vol%、14w%、215g/Nm3)のオゾンガス暴露試験が、長期間連続で実施可能です。
  • 水電気分解方式により、不純物を含まないピュアなオゾンガスを使用しています。
  • あらゆる材質のオゾンガス耐性試験、金属表面処理試験などにご利用ください。

■超高濃度オゾンガス暴露試験

  • オゾンガス濃度30~80vol%の超高濃度による暴露試験が可能です。
  • 本試験に限り、目的と結果を開示してもらえる場合に限り受託します。

■濃度オゾンガス暴露試験のご依頼

・ご依頼の際は、次の内容を添えて、お問合わせフォームからご連絡ください。

  1. 試料の材質・数量・寸法
  2. 治具、伸張の有無
  3. 暴露するオゾンガス濃度・時間・温度・湿度
  4. その他条件

栄研テクノ株式会社

  • 〒424-0948
  • 静岡県静岡市清水区
  • 梅田町12-2
  • 平 日 9:00-17:00
  • 休業日 土日祝日
  • お問合せはE-mailにて
  • eiken※tokai.or.jp
    (※→@)